介護用衣類は着替えやすいものを 寝たきりや関節痛がある方の上着・ズボン替え

着替える側・着替えさせる側の両方に着目した介護用衣類をお探しではありませんか?「おしゃれも忘れたくないけれど、中々そうもいかない…」「オーダーメイドの介護用衣類は高い…」と悩む方に、こうのふくでは「Life ふく」をご提案します。

肌にやさしいダブルガーゼ生地を使ったり、片側フルオープンで着脱が楽な工夫を凝らしたり。色彩もカラフルで、気持ちまで明るくするデザインが特徴です。

寝たきりの方の更衣介助もスムーズにいくよう、着せやすく着せられやすい服を目指していますので、ぜひチェックしてください。そんな更衣介助の基本である着患脱健(脱健着患)や、声かけについて、こちらではお伝えいたします。

更衣介助の基本「着患脱健(脱健着患)」とは?

更衣介助の際は「着患脱健(脱健着患)」が基本となります。これは、衣類を脱ぐ際は麻痺などがない健常な半身の健側から、着用の際は病気や関節痛、麻痺などのある患側から行うことを指します。なぜ着患脱健を行うのかというと、介助される側の負担軽減が理由として挙げられます。患側は健側に比べ関節可動域が狭くなっており、健側の腕から袖を通してしまうと、患側を無理に曲げたり伸ばしたりする必要が生じるのです。

そのように患側を無理に動かすと、負担がかかり痛みが生じることや、骨折や脱臼などが起こる可能性も否めません。一方、患側から衣類を着用すると、健側の腕が残るため負担なく着用できます。衣類を脱ぐ際はそれと逆で、健側から衣類を脱ぐことで負担軽減につながります。基本となる着患脱健を行うことで、介助する側もされる側も負担が少なくなるのです。

動作ごとの声かけを忘れずに!

高齢者に話しかける介護士

介護を行う上でコミュニケーションは非常に重要です。いきなり腕を掴まれたり、ズボンのボタンやファスナーを外されたりすると、誰でも嫌な気持ちになるのではないでしょうか。そこで、お互いが気持ちよくコミュニケーションをとるために、マメに「声かけ」を行いましょう。

例えば、着替える前に「では着替えましょうか」という一声があるのとないのとでは、気持ちが随分変わってきます。腕を袖に通す際には「腕を通しますね」、服を脱がせる時は「ボタンを外しますね」「寒くないですか?」などと声をかけると、安心して着替えを行うことができます。特にズボンの着脱はデリケートに感じる方も多いもの。気持ちよく着替えるために、声かけの重要性はより強くなるのではないでしょうか。

声かけの主なポイントは「抑揚」と「表情」です。声の強弱や短調、高揚が伴っていないと気持ちがわかりにくく、表情が一致しなければ正しい感情が伝わりません。声をかける際にはやさしいトーンであること、そして笑顔で接することが、互いの信頼関係を高めるポイントと言えるでしょう。

上着やズボンのシワに気をつけよう

赤文字のチェックを指差す手

寝たきりや車いすの方を更衣介助した際、最後に注意したいのが衣類のシワを伸ばすことです。介護用衣類のたるみやシワが残ったままだと、そこに体重がかかり、褥瘡(じょくそう)のリスクが高まってしまいます。そのため、着替えた後はシワを丁寧に伸ばしてあげてください。

特に、背中やおしりといった部位にシワができやすく、介助者も気づきにくいため、上着の裾やズボンは意識しておきたいポイントと言えます。

こうのふくがご提案する着替えやすいパンツはこちら

寝たきり・関節痛があっても着替えやすい介護用衣類「Life ふく」

更衣介助の基本である着患脱健(脱健着患)と、声かけの大切さなどについてお伝えいたしました。

こうのふくでは、寝たきりや車いす、関節痛がある、片麻痺の方でも着替えやすい介護用衣類「Life ふく」を販売しています。柔らかく着心地のよいガーゼ生地で、肌着なしでも着用いただけます。上着・ズボンの着脱方法については動画も参考にしてください。

着せやすく着せられやすい介護用衣類「Life ふく」は、更衣介助をもっとスピーディーに、双方の負担を少なく行いたい方におすすめです。

着替えやすい介護用衣類ならこうのふくへ

サイト名 こうのふく
販売業者 こうのふく 中藤 友栄
運営統括責任者名 中藤 友栄
住所 〒739-0311 広島県広島市安芸区瀬野1丁目42−26
電話番号 080-1925-7340
メールアドレス info@kounofuku.net
URL https://www.kounofuku.net/
上部へ戻る