介護用衣類は着替えやすいものを 寝たきりや関節痛がある方の上着・ズボン替え

介護用衣類は着替えやすく快適なものを選びたいですね。寝たきりや車いすの生活の方、関節痛・拘縮(こうしゅく)がある、骨折や片麻痺の方でも着替えやすい衣類を、家族の介護経験をもとにご提案しています。こうのふくは、着る人の状態や環境に合わせて、更衣介助がラクな服の加工や受注生産も承ります。

更衣介助の基本である着患脱健(脱健着患)や、声かけについてもお伝えいたします。

寝たきり・関節痛があっても着替えやすい介護用衣類

寝たきりの方や関節の可動域が狭い方、痛みのある方のお着替えは、お互いに気を遣うものですね。。。着替える側・着替えさせる側の信頼関係がないと、着替えを嫌がられることもあります。介護用衣類を試してみたいけど、価格が高かったり、気にいるものがなかったり、そもそもお店を回って探す時間もないですよね。(^_^;)

寝たきりや車いすの方、関節痛がある方、片麻痺の方でも着替えやすい介護用衣類を、お一人おひとりのお体の状態や、生活環境にあわせてご提案いたします。介護に適した柔らかくて丈夫な国産オリジナルガーゼ生地を兵庫県で特別に織ってもらっています。開放部分が広いシャツや、ウエストから裾まで全開するズボンなど、着替えやすい工夫がいっぱいですので、着る人にも着せる人にもやさしい服です。

寝たきりの方、介護が必要な方の体を持ち上げずに、着せる人のスキルや体力に関係なく、短時間でお着替えができます。詳しくはこちら。↓

こうのふくの商品はなぜ要介護・寝たきりの方におすすめなの?

  • 着せやすい工夫がいっぱい!開放部分が大きいから寝たままで体を包み込むように着せられます
  • 介護に適した自社オリジナルガーゼ生地(綿100%)を特別に兵庫県で織ってもらっています
  • 体重がかかる部分には、極力縫い目がないようにしています。
  • 着る人の状態に合わせてカスタマイズできます
  • 贈り物には無料でギフト対応も承ります

〔片側フルオープンシャツ〕

  • 表裏ひっくりかえすと左右どちらからでも着られるリバーシブル仕様です
  • 肩・脇・袖がフルオープンするので、可動域の狭い方でもラクに着脱できます
  • 後ろ身ごろが長めでたくれを整えやすいつくりです
  • 着る人の状態にあわせて、ボタンを面ファスナーに変更するなど対応いたします
男女兼用 9,200円(税込10,120円)

〔両足ファスナーパンツ〕

  • 着る人のサイズに合わせてお作りします
  • ウエストから裾までファスナーでフルオープン
  • ファスナーやウエスト布の色を変えることもできます
  • 着る人の状態にあわせて、面ファスナーに変更するなど対応いたします
男女兼用 9,000円(税込9,900円)

〔3点留め前開きシャツ〕

  • 基本のサイズの他、ご指定サイズでもお作りします
  • ボタンの数を追加したり袖の長さを変えたりできます
  • お肌の弱い方にオススメ!優しい肌触りです
  • 被るタイプの衣類が苦手な方にも
男女兼用 6,800円(税込7,480円)

〔バンダナ風スタイ〕

  • 薬の副作用などで分泌物の多い方に
  • デイサービスなどにお出かけされる方に
  • ちょっとしたプレゼントにも喜ばれます
1,200円(税込1,320円)

この他、着やすい・着せやすい服や小物を取り揃えています。詳しくはこちら。↓

着る人に合わせた[受注生産]・[二次加工]について

こうのふくは、着る人の状態や環境に合わせて、基本の型をアレンジしてお作りする[受注生産]を承ります。着る人に合わせて着脱しやすくご提案いたします。具体的なイメージが固まっていなくても、まずはご相談ください。

また、お手持ちの服で、お気に入りのものがございましたら、着る人に合わせて着脱しやすい加工をご提案いたします。既製服の加工作業は、障害のある方が働いている施設にお願いしています。 既製服の生地やデザインによっては、加工できないものもありますが、まずはお気軽にご相談ください。 詳しくはこちら。↓

 

コラム「更衣介助の基本『着患脱健(脱健着患)』とは?」

更衣介助の際は「着患脱健(脱健着患)」が基本となります。これは、衣類を脱ぐ際は麻痺などがない健常な半身の健側から、着用の際は病気や関節痛、麻痺などのある患側から行うことを指します。なぜ着患脱健を行うのかというと、介助される側の負担軽減が理由として挙げられます。患側は健側に比べ関節可動域が狭くなっており、健側の腕から袖を通してしまうと、患側を無理に曲げたり伸ばしたりする必要が生じるのです。

そのように患側を無理に動かすと、負担がかかり痛みが生じることや、骨折や脱臼などが起こる可能性も否めません。一方、患側から衣類を着用すると、健側の腕が残るため負担なく着用できます。衣類を脱ぐ際はそれと逆で、健側から衣類を脱ぐことで負担軽減につながります。基本となる着患脱健を行うことで、介助する側もされる側も負担が少なくなるのです。

★動作ごとの声かけを忘れずに!

高齢者に話しかける介護士

介護を行う上でコミュニケーションは非常に重要です。いきなり腕を掴まれたり、ズボンのボタンやファスナーを外されたりすると、誰でも嫌な気持ちになるのではないでしょうか。そこで、お互いが気持ちよくコミュニケーションをとるために、マメに「声かけ」を行いましょう。

例えば、着替える前に「では着替えましょうか」という一声があるのとないのとでは、気持ちが随分変わってきます。腕を袖に通す際には「腕を通しますね」、服を脱がせる時は「ボタンを外しますね」「寒くないですか?」などと声をかけると、安心して着替えを行うことができます。特にズボンの着脱はデリケートに感じる方も多いもの。気持ちよく着替えるために、声かけの重要性はより強くなるのではないでしょうか。

声かけの主なポイントは「抑揚」と「表情」です。声の強弱や短調、高揚が伴っていないと気持ちがわかりにくく、表情が一致しなければ正しい感情が伝わりません。声をかける際にはやさしいトーンであること、そして笑顔で接することが、互いの信頼関係を高めるポイントと言えるでしょう。

★上着やズボンのシワに気をつけよう

寝たきりや車いすの方を更衣介助した際、最後に注意したいのが衣類のシワを伸ばすことです。介護用衣類のたるみやシワが残ったままだと、そこに体重がかかり、褥瘡(じょくそう)のリスクが高まってしまいます。そのため、着替えた後はシワを丁寧に伸ばしてあげてください。

特に、背中やおしりといった部位にシワができやすく、介助者も気づきにくいため、上着の裾やズボンは意識しておきたいポイントと言えます。

着替えやすい介護用衣類ならこうのふくへ

サイト名 こうのふく
販売業者 こうのふく 中藤 友栄
運営統括責任者名 中藤 友栄
住所 〒739-0311 広島県広島市安芸区瀬野1丁目42−26
電話番号 080-1925-7340
メールアドレス info@kounofuku.net
URL https://www.kounofuku.net/
上部へ戻る