寝たきりでも服でおしゃれを楽しむ 介護保険の活用と寝巻きに見えない服の重要性

寝たきりや寝たきりに近い状態のご家族がいらっしゃる方は、精神的、肉体的、経済的に多かれ少なかれ負担を感じているものでしょう。さらに、介護を受ける方の「その人らしい」生き方は、機能的な介護だけでは実現できるものではありません。

介護負担を軽減するため、社会全体でサポートする仕組み「介護保険制度」の活用は見逃せません。また、そうしたサポートを受けながら介護を受ける方が生き生きと暮らすために、こうのふくは「おしゃれ」が重要であると考えています。

介護保険制度の活用方法と「なぜおしゃれが重要なのか?」をご紹介します。介護する方と介護される方の負担軽減と、QOL向上にお役立ていただければ幸いです。

介護保険制度とは何?

考える女性

介護を必要とする方を社会全体でサポートする仕組みに、介護保険制度があります。被介護者(介護される方)の自立支援や、介護者(介護する方)の負担を軽減することを目的に、2000年(平成12年)4月に誕生した制度です。

介護保険制度は40歳以上の国民が納めた保険料と国や市町村の税金で運営されていて、所得に応じて1割〜3割の自己負担で様々な介護サービスが利用できます。被介護者・介護者にとってとても助けになるため、介護保険制度のサービスを利用したいとお考えの際は、お住まいの自治体窓口にご相談ください。

介護保険適用のサービス

介護保険適用のサービスには、次のようなものがあります。

居宅サービス

被介護者(介護される方)・介護者(介護する方)が、自宅にいながら介護サービスを受けることができます。介護サービスの種類は次の四つに分類されます。

  • 訪問サービス…訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション
  • 通所サービス…通所介護、通所リハビリテーション
  • 短期入所サービス…短期入所生活介護、短期入所療養介護
  • その他サービス…特定施設入居者生活介護、福祉用具貸与、特定福祉用具販売、住宅改修費支給、居宅療養管理指導、居宅介護支援

施設サービス

施設に入所している要介護状態の方が受けることのできる介護サービスです。介護サービスの種類は次の三つに分類されます。

  • 介護老人福祉施設入居者生活介護…特養・特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設入居者生活介護…老健・老健施設
  • 介護療養型医療施設入居者生活介護…療養型病床群・療養病床

地域密着型サービス

事業所のある市町村の被介護者(介護される方)・介護者(介護する方)が、受けることのできるサービスです。大きく次の三つに分類されます。

  • 訪問・通所型サービス
  • 認知症対応型サービス
  • 施設・特定施設型サービス

介護保険サービスの中には、自力で着替えができない方の手助けをする更衣介助があります。こうのふくでは、介護する方と介護される方双方の負担を軽減できればと考え、寝たきりのまま着脱できる服「Life ふく」を販売しています。寝巻きとは異なる生活服です。大人用から子供用までサイズをご用意していますので、質の高い介護生活の実現にお役立てください。

介護認定を受けるには?申請方法と流れについて

介護保険制度下のサービスを利用するには、介護が必要であるという「要介護認定」を受けなければならず、市区町村の窓口で申請をしなければいけません。申請の流れは以下のとおりです。

  1. 市区町村の窓口で申請書や介護保険被保険者証(保険証)など必要書類を提出する
  2. 訪問調査の日程を調整する
  3. 市区町村の担当者やケアマネジャーによる訪問調査を受ける
  4. 一次判定(市町村の担当者からかかりつけ医に「主治医の意見書」作成を依頼)
  5. 二次判定(一次判定の結果、主治医の意見書、その他必要書類により、要介護認定区分の判定)
  6. 郵便で認定結果の通知を受ける(認定証と介護保険被保険者証)

申請には時間と手間がかかるため、余裕のあるうちに申請の流れや必要書類をご確認ください。

寝たきりで介護を受ける方が「その人らしく」生きるために…おしゃれの重要性とは?

寝たきりや寝たきりに近い状態であっても、介護認定を受ければ介護サービスを受けながら、住み慣れた自宅で生活することができます。それでは、そのような状態で介護を受ける方が「その人らしく」生き生きと暮らすためにはどうすればよいのでしょうか?

例えば、できる範囲で食事を楽しんだりお友達との交流を続けたり、趣味を見つけたり…と様々な方法があります。そのような中で、「おしゃれ・ファッション」は意外と大きな影響があります。

寝たきりだからこそ考えたい!おしゃれのメリット

  1. おしゃれをすることで、普段よりもワンランクアップした自分に近づき、自信にもつながります。
  2. おしゃれに配慮できるということは、人からどう見られているかを気にする心の余裕があるということ。つまり、おしゃれは精神的なゆとりでもあります。
  3. おしゃれは「理想的な自分」でいようとする努力、理想的に生きる意欲や力の源でもあります。
  4. おしゃれをしている時は、他の人から見られても大丈夫と思える状態です。人付き合いに意欲が湧き、社会とつながるきっかけになるかも?
  5. 「寝たきりでもおしゃれができた!」という経験が「理想の自分になれた、近づいた」体験につながります。

寝たきりで介護保険サービスを受けている…という方でも、メイクやネイルなど、ベッドの上でできるおしゃれの選択肢はたくさんあります!その中で男女問わず気軽に始められるのが、服のコーディネートを楽しむおしゃれです。

しかし、寝たきりの方が着る介護服は機能性重視で寝巻きのようなものが多く、選択肢も決して多いとは言えないのが現状です。寝たきりで介護を受ける方がその人らしく生きるためには、介護負担を軽減しながら寝たきりの姿勢のままおしゃれに着こなせる服が必要です。

おしゃれと機能性を兼ね備えた「Life ふく」はこちら

寝たきりでも寝巻きに見えない服を着たい、おしゃれをしたい方へ「Life ふく」

おしゃれな子供用介護服

「寝たきり、介護が必要な状態でもおしゃれしたい!寝巻きに見えない服を着たい!」

そのようにお考えの方やそのご家族にご検討いただきたいのが、こうのふくが作った機能的でおしゃれに着こなすことができる「Life ふく」です。

介護する方と介護される方の負担を軽減しながら、寝巻きではなく、日々の生活を「快適に」「豊かに」する服です。幅広いサイズ展開とカラーバリエーションをそろえています。介護の必要な方がおしゃれに着こなせる服をお探しの際は、チェックしてみてください。

身体障害で衣類にお悩みの方はこうのふくへ

サイト名 こうのふく
販売業者 こうのふく 中藤 友栄
運営統括責任者名 中藤 友栄
住所 〒739-0311 広島県広島市安芸区瀬野1丁目42−26
電話番号 080-1925-7340
メールアドレス info@kounofuku.net
URL https://www.kounofuku.net/
上部へ戻る