身体障害者用衣類の現状と障害別の問題点 機能性・快適さにも配慮を

身体障害者用衣類の現状は、昔と比べると改善されていますが、まだまだご苦労されている方が多いのではないでしょうか。着せやすい機能性に加え、身体障害者特有の特徴に配慮した素材なども考慮したいですね。こうのふくは、家族の介護経験をもとに、身体障害者の方お一人おひとりの状態や環境にあわせた最適な衣類をご提案いたします。

 

身体障害者の方お一人おひとりの状態や環境にあわせた最適な衣類

〔片側フルオープンシャツ〕

  • 表裏ひっくりかえすと左右どちらからでも着られるリバーシブル仕様です
  • 肩・脇・袖がフルオープンするので、可動域の狭い方でもラクに着脱できます
  • 後ろ身ごろが長めでたくれを整えやすいつくりです
  • 着る人の状態にあわせて、ボタンを面ファスナーに変更するなど対応いたします
男女兼用 9,200円(税込10,120円)

〔両足ファスナーパンツ〕

  • 着る人のサイズに合わせてお作りします
  • ウエストから裾までファスナーでフルオープン
  • ファスナーやウエスト布の色を変えることもできます
  • 着る人の状態にあわせて、面ファスナーに変更するなど対応いたします
男女兼用 9,000円(税込9,900円)

〔3点留め前開きシャツ〕

  • 基本のサイズの他、ご指定サイズでもお作りします
  • ボタンの数を追加したり袖の長さを変えたりできます
  • お肌の弱い方にオススメ!優しい肌触りです
  • 被るタイプの衣類が苦手な方にも
男女兼用 6,800円(税込7,480円)

〔バンダナ風スタイ〕

  • 薬の副作用などで分泌物の多い方に
  • デイサービスなどにお出かけされる方に
  • ちょっとしたプレゼントにも喜ばれます
1,200円(税込1,320円)

この他、着やすい・着せやすい服や小物を取り揃えています。詳しくはこちら。↓

着る人に合わせた[受注生産]・[二次加工]について

お一人おひとりに合わせて、、、というと、高価なオーダーメイドを想像されるかもしれませんが、こうのふくは基本の型をアレンジしてお作りするセミオーダーメイドでご対応しています。身体障害の方のお困りごとに合わせてアレンジできますので、お気軽にご相談ください。

お困りごとにあわせてお作りすることもできますが、わざわざ新しい服を買わなくても、お手持ちの服をちょっと加工するだけでも、お着替えがうんとラクになることもあります。身体障害と一言にいっても、その度合は人それぞれです。着る人に合わせてご相談を承ります。

既製服の加工作業は、障害のある方が働いている施設にお願いしています。 既製服の生地やデザインによっては、加工できないものもありますが、まずはお気軽にご相談ください。 詳しくはこちら。↓

身体障害者用衣類の現状

身体障害のある方にとって、”好きな服を着ること”は、さまざまな制約がある生活の中で、楽しみのひとつではないでしょうか。私の次男は2歳の時急性脳症で寝たきりになり、食べることも遊ぶこともできなくなりました。少しでもカワイク着せてあげることは、私にとっても本人にとっても楽しい事でした。しかし、既製服の中からちょうどよいものを探し回るのは、本当に大変でした。。。そこで、独学で着せやすい服を自分で作っていました。

身体障害者用衣類の現状として、一昔とくらべるとさまざまな商品が発売されていますが、まだまだ高価であったり、安価なものはお好みに合わなかったりで、衣類選びにはご苦労されていることと思います。また、お一人おひとりお困りごとは異なるので、ボランティアさんに服の加工をしてもらっている、という方もおられると思います。

私の次男がいた施設には、裁縫の得意なボランティアさんや職員さんがおられましたが、ボランティアさんも高齢化してきて、なかなか後継者がいない、と悩んでおられましたし、医療・介護の現場は人手不足で、職員さんの負担も大きいと思います。

それでも、介護に携わる方々は責任感が強く「自分がやならければ」というお気持ちが強いので、服を着せやすくしてくださっている方がたくさんおられます。ただ、介護は一人で背負えるものではありません。介護に限らず、「助け合い」「お互いさま」の精神がないと、生きづらいですよね。

今の世の中は「しんどい」とか「休みたい」とか「助けて欲しい」とは、なかなか言いにくい雰囲気がありますが、微力ながら衣類に関するお困りごとで少しでもお力になれれば幸いです。

身体障害者の方の衣類は着る人・着せる人にやさしく

身体障害のある方の衣類は、例えば障害別に次のよう事でお困りではないですか?

片麻痺がある場合

  • 健側のカフスボタンをうまく留めたり外したりすることができない
  • ファスナーをスムーズに上げることができない

脳性麻痺がある場合

  • 袖通しと頭入れで上着が引っかかり着脱がスムーズにできない
  • 上着を引っ張って脱いでいくことで生地が伸びてくる

脊髄損傷がある場合(両下肢機能障害と排せつ障害を伴っている場合)

  • ズボンやスカートの適切な位置に開きが設けられていない(尿チューブを通すための開き)
  • お尻の下(座骨結節周辺)にかたい縫い目がある

身体障害者の方は、骨折しやすい方も多いと思います。こうのふくがご提案している片側フルオープンシャツは、着せる人のスキルや体力に関わらず、安全にお着替えができ時短にもなります。

片側フルオープンシャツは、寝たきりになった次男のために作っていた服をベースに、大人用に改良して製作しました。介護施設や障害者施設の方々にご協力いただいて、モニタリングしながら試行錯誤を繰り返しています。着る人が快適であると同時に、どんな方が着せてもラクにお着替えができるようにこだわりました。介護の技術がなくても、力がない人でも、簡単に着脱が可能です。

生地は、柔らかく丈夫で、保温性・通気性の良い国産オリジナルダブルガーゼを使っています。身体障害の方は、体温調節が上手くできない方もおられますので、夏涼しく冬暖かいと大変ご好評いただいています。

身体障害者の方の衣類をもっと快適に!素材も機能性もデザインも!

身体障害者の方の衣類選びは、もっと自由に選べるようにしたいですね。お体の状態によって、制約はあるかもしれませんが、さりげなく工夫してある配慮も必要だと考えています。

こうのふくは、介護が必要な方・そのご家族・介護に携わる方々の立場に立って、着せやすい服をご提供しています。お気軽にご相談ください。

身体障害で衣類にお悩みの方はこうのふくへ

サイト名 こうのふく
販売業者 こうのふく 中藤 友栄
運営統括責任者名 中藤 友栄
住所 〒739-0311 広島県広島市安芸区瀬野1丁目42−26
電話番号 080-1925-7340
メールアドレス info@kounofuku.net
URL https://www.kounofuku.net/
上部へ戻る