高齢者の衣類、認知症の方の衣類一つで介護中のQOL向上 下着不要のLifeふく

「着ている衣類を替える」という一見何気ない動作は、認知症の高齢者の方やそうした方を介助・介護される方にとって多くの時間と工程とパワーを要します。日常的なことだからこそ、そうした負担にかかるストレスは積み重なりやすく、双方のQOLが低下してしまう原因の一端となってしまってはいませんか?

こうのふくは着替えにかかる負担が少ない+おしゃれをコンセプトにした「Lifeふく」をご提案しています。「Lifeふく」が介助・介護する側/される側の方双方にとって、QOL向上の一助となりましたら幸いです。

認知症の高齢者介助・介護 する側/される側ともに負担軽減となる衣類「Lifeふく」とは?

「Lifeふく」の特徴

こうのふくでは、介助・介護の負担を軽減する衣類「Lifeふく」をご提案しています。コンセプトは、「日々のライフ(生活)を快適に、その人のライフ(人生)を豊かに。」介護服は、パジャマのように機能性のみを追求したものが少なくありません。

しかし、介助・介護される方が「その人らしさ」を表現できる服であれば、洋服を着ることや生きることそのものが楽しくなり、人生が彩り豊かになっていくのではないでしょうか?

「Lifeふく」はどのような方におすすめ?

  • 高齢者の方
  • 指先の細かい動きが難しい方
  • 認知症の方
  • 自由に体を動かせない方
  • 寝たきりの方
  • 介護施設など、認知症の方の下着・衣類をお探しの方

※自分で脱いでしまう方にはおすすめできません

「Lifeふく」のおすすめポイント

  • 寝たまま、座ったままでも着ることができます。
  • 右からでも、左からでも着ることができます
  • 肌着のいらない自社オリジナルダブルガーゼ生地を採用。強く引っ張っても破れにくいです。
  • 横向きで寝ても縫い目が当たりません。
  • 体の向きを変えてもはだけにくい面ファスナーで接着するため、検温など日常ケアもラクラクです
  • 面ファスナーは柔らかいニット生地を使っています。
  • 織り上げた後に染色しています。介護施設様などでのお洗濯でも縮みにくく、洗うたびにふんわり感がアップします。
  • トップスは後ろ身ごろを長めにしています。たくれを整えやすく床ずれの辛さを軽減します。
  • パンツはボタン・ファスナー未使用。下着の履き替えやおむつ替えもやりやすいつくりです。

そもそも認知症とは?その原因と症状

車いすの高齢者と介護士

「Lifeふく」は、認知症で着替えに負担がかかっている方にもおすすめです。そもそも認知症とは、他の病気が原因で脳の働きが低下して起こる症状の総称で、認知症というワードが正式な病名というわけではありません。

認知症の定義:「記憶や判断力の障がいにより、生活に支障をきたす状態」。

(引用元:もし、家族や自分が認知症になったら 知っておきたい認知症のキホン | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン)

例えば、身近にいらっしゃる認知症の方・認知症の懸念がある方について、下記のような傾向はありませんか?

脳の働きにかかわる症状例

  • 新しいことを覚えられない
  • 自分の身に起こったできごとそのものを覚えていない(食事をしたことそのものを忘れる など)
  • 知っているはずの人や場所がわからない
  • 日常動作の段取りに度を超えてもたついている

行動にかかわる症状例

  • 度を超えたおしゃべりや挙動不審
  • 急な興奮が治まらない
  • 突発的に暴言、暴力をふるう
  • 奇声を発する
  • 排せつが上手にできない
  • 過食、拒食
  • 幻覚や妄想と現実の区別がつかない

認知症が起こる原因として有名な疾患には、アルツハイマー病、パーキンソン病、脳腫瘍などが有名です。その他、度を超えた大量の飲酒、喫煙も認知症やその原因となる疾患リスクを高める原因として知られています。

気管切開

高齢者の認知症と衣類に関係するトピックスとして、注目したいのが「気管切開」です。気管に管を通し、呼吸を促す・痰を吸引しやすくする療法で、鼻からの吸引よりも体を動かしやすくなります。寝返りもできるため、寝たきりの高齢者の場合には床ずれの防止にもなります。しかし、体の前面に管が通っているため、衣服は緩めやすく前開きのもの推奨など、ある程度制限があります。

認知症は人それぞれ程度や現れる症状が違い、介助する側にとっても負担が大きいもの。こうのふくがご提案する片側フルオープンの衣類「Lifeふく」は、そのようなストレスを軽減するものです。どのような行動をとるかわからない認知症の方の着替えには、多くの時間・工程・パワーを必要とします。ニット素材の面ファスナーで、着替えにかかる時間やストレスを大幅に軽減。フルオープンなので、気管切開の必要がある場合もラクラクです。

上着、下着の着方がわからない?着替えを嫌がる認知症の方に「Lifeふく」をご提案

日常的な着替えを嫌がるようになるのも、認知症の高齢者によくあることです。

  • 日常動作の段取りがわからない → 洋服・下着の着方がわからない
  • 着替えの介助 → 普通にできていたことも手伝ってもらわないといけないため、自分の衰えを強く認識し、生活に対する自信を失う
  • 指先を使う細かい工程(ボタンをとめる、ファスナーのつまみを指で挟む、袖口に腕を通す など) → 面倒、集中力が続かない
  • 反応が鈍い、全体的に動きが遅い → そもそも着替えに時間がかかる、エネルギーを使う
  • 加齢にともない体の可動域が狭い → 上着・下着を替える際に腕や足を大きく上げたりできない

…といったことを積み重ねた結果、次のような傾向があれば少し気をつけて見てあげた方がいいかもしれません。

  • 一日中パジャマでいても気にしない
  • 就寝時パジャマに着替えない
  • ファッションに対する意欲の低下

こうしたストレスを軽減するために、どのようなポイントに気をつけてあげればよいのでしょうか?いくつかある中で、やはり、「着替えやすい」というのは大きなポイントの一つです。

こうのふくがご提案する片側フルオープンの衣類「Lifeふく」は、着替えやすいのが最大のメリットです。寝たままで着衣約120秒・脱衣約45秒(自社調べ:シャツ・パンツ上下の平均値)と、介助・介護にかかる負担軽減が期待できます。

また、もし可能であれば、できるだけ高齢者ご本人の力で着替えることにチャレンジしてみてもいいかもしれません。こうのふくの「Lifeふく」は面ファスナーを採用していますが、実はNASAの宇宙服も接着部分に面ファスナーを使っている部分があります。指先の制約が多い宇宙服でも「簡単に取り外しができる」という面ファスナーのメリットが活かされています。

お着替え体験会について

定期的に「Lifeふく」のお着替え体験会も開催、詳細が決まり次第ホームページでお知らせしています。ご希望の方はホームページをチェックしてみてください。

実際に着用ご体験いただいた方の声はこちら

Facebookでもお着替え体験会の様子をアップしています!

認知症の高齢者介護を明るく! まずは衣類から見直してみませんか?

「着替える」という日常動作は、認知症の高齢者の方や介助・介護をされる方にとって、時間やパワーを要すること。また、徐々に認知症が進行していく中でも「できる内はなるべく自分でやりたい」「自分でできる!」という方は数多くいらっしゃいます。

そうしたご要望にお応えできる衣類は、高齢者の方・認知症の方の人生を明るく質の高いものにしてくれるのではないでしょうか。家族の介護経験から「こんな衣類があればいいのに」というニーズを形にした「Lifeふく」をぜひご検討ください。

寝たきりの方のために服をお探しならこうのふくへ

サイト名 こうのふく
販売業者 こうのふく 中藤 友栄
運営統括責任者名 中藤 友栄
住所 〒739-0311 広島県広島市安芸区瀬野1丁目42−26
電話番号 080-1925-7340
メールアドレス info@kounofuku.net
URL https://www.kounofuku.net/
上部へ戻る